人生を楽しくする

リタイア後にアジアに住むのはかなりアリでは?という話 ※高級コンド 月1万円

投稿日:2019年8月15日 更新日:

こんにちは!柔道整復師 整体師の秋山ミノルです。

2019年8月。僕はコンケンという、タイの片田舎に来ています。
イサーンという東北地方なのですが、とても居心地のいい場所です。
ゆっくりノンビリと過ごしています。

タイの片田舎をバイクで回っていたのですが、色々な情報が手に入りました。

 

 

結論から話すと、リタイア後にタイの田舎で過ごすのはかなりアリでは?という話です。
タイの田舎は、バンコクと比べて物価がかなりイカれています。
ある程度の資産があれば、相当快適な生活を送れると判明したのでこれをシェアします。

 

 

この記事を書いている、僕の経歴です。

お時間5分ほどで読み終わります。

アジアの生活に興味がある人。
日本での暮らしに不安がある人は、かなり役に立つと思います。
どうぞお付き合いください。



リタイア後にアジアの田舎に住むのはかなりアリでは?という話

なぜリタイア後にアジアの田舎がアリなのか?

結論から話しますが、 リタイア後にアジアの田舎に行くのはかなりアリです。
特にタイの田舎はかなりいいと思います。
実際に現地で調査してみた結果、ワリと最高なのでは?ということが判明しました。

 

 

理由は大きく3つあります。

医療のインフラが整っている。
日本食レストランが豊富。
物価がメチャクチャ安い。

一つずつ解説していきます。

 

医療のインフラが整っている。

海外で暮らす場合、不安要素の一つが病気やケガです。
言葉が通じなかったらどうしよう。
医療のレベルが低かったらどうしよう。
など、色々な不安を覚えます。

 

 

ですが、タイに限っていえば、ドクターのレベルはかなり高いです。
タイのドクターは、ゴリッゴリの西洋医学を勉強し、英語もしゃべれます。

アジアの近隣諸国の人が、病気やケガでタイに行くということも珍しくありません。

 

 

僕が今いるコンケンというところにも、バンコクホスピタルのという病院の支店があります。
バンコクに駐在時代、バンコクホスピタルには何度かお世話になりましたが、非常にいい病院でした。

 

病気やケガなどは、何の心配もなく治療を受けることができますよ!

 

日本食レストランが豊富。

海外生活の不安要素の一つが、食事です。
タイ料理は美味しいですが、毎食毎食タイ料理を食べるのはとてもムリです。
カラダを壊します。
日本人であれば、日本食は1日1食くらいは食べたいですね!

 

 

ですが、食事に関しては全く問題ありません。
タイでの日本食の人気って、本当にハンパないんですよね!
タイの田舎でも、問題なく日本食を食べることができます。

お米は日本米です!

鉄板焼きも目の前で焼いてくれるなど、クオリティの高いものが出てきます。

バンコクなんかは、日本よりも美味しい日本食食べれたりしますからね笑!
タイでも安心して、日本食を食べることができますよ!

 

物価がメチャクチャ安い。

タイもバンコクだと物価がかなり上がってしまっているのですが、田舎はメチャクチャ安いです。

高級コンドに月1万円くらいで住めます。

 

フィットネスジム、プール、警備員、家具も全部ついて月1万円です。

 

この物価の安さはかなり驚異的でして、ちょっと日本では考えられないレベルです。
これは、下の欄でもう少し詳しく書いていきます。

 

タイの田舎の生活費はどれくらい?物価から食費まで

タイの物価から食費は、だいたいこれくらいです。

コンドミニアム(警備員、プール、ジム、家具付き)賃貸で月1万円。
ハウスタウン。(警備員、プール、ジム、家具、湖)1200万円。
運転手付きレンタカー 。ワゴン8人乗りで12時間6000円。
バンコクまで往復の飛行機、6000円。
タクシー初乗り、120円。
ホテル、1泊1500円。
タイ飯。100円。

ザクっとですが、だいたいこれくらいです。

 

 

家がとにかく、マジで安いです。
こんな感じの家に、1000万円くらいで住むことができます。

ただ住むっていうだけじゃないですからね!
敷地内には警備員が24時間常駐しており、安全度もメチャクチャ高い。
こういった環境に住むことができるのは、安い人件費がなせるワザです。

 

 

飛行機もLCCが普及しているので、メッチャ安いです。
海が見たいなぁ〜、なんてときには6000円足らずで島に観光に行けちゃいます。
最高ですね笑。

 

とはいえとはいえ、何も準備をせずにアジアに行くのはなかなかシンドイです。

 

日本語しかしゃべれません!
海外のことを何も知りません!

こういう状態でも行っても、快適に過ごすのはなかなか難しいです。
アジアの田舎でも、快適に過ごすために必要な能力を紹介していきます。

 

 

※注:タイでは外国人は土地を買うことができないため、日本人はコンドしか買えません。
土地を買いたいなら、タイ人と結婚して奥さん名義にして買う必要があります。

あると便利!アジアを快適に過ごすために必要な能力

アジアを快適に過ごすために必要な能力は、主に2つです。

資金力。
言語能力。

このうちのどれか一つでもあれば、快適に過ごすことは充分可能です。

 

 

まずは、資金力です。
これはもう、言わずもがなですね。
金さえあればなんでもできる!!
資本主義って、こんな感じです。

家は現地の日本語がしゃべれる人を通して、手配してもらう。
言語に困ったら、通訳を呼ぶ。

お金の力があれば、すんなり解決できます。

 

タイの田舎なら、そこまでデタラメな資金力は必要ありません。
なので、お金でサクッと解決してしまうのは、ワリといい選択肢だと思います。

老後に快適な生活を送るためにやっておくべきこと ※2000万円を解決しよう!

続きを見る

リタイアまでの資産を作る方法は、こちらの記事をどうぞ。

年金2000万円問題を解決するための記事です。
貯蓄に不安がある人は、ぜひどうぞ!

 

お金がない人は、言語能力です。
当たり前の話なんですが、日本の情報って日本語で探すのが一番いいですよね?
海外もいっしょで、現地の情報を探すなら現地語で探すのがベストです。

現地語で現地の情報を探すことで、ありとあらゆることモノゴトがスムーズに進みます。
当然、買い物や物件探しも断然リーズナブルです。

 

 

コスパのいい家。
安くて美味しいレストラン。
質の良いものを揃えているスーパー。
現地の人と親しくなれば、こういった情報を教えてもらうことも可能です。

 

言語を学ぶのには時間がかかりますが、覚えれば相当な武器になりますよ!

 

 

 

日本では年金や終身雇用制度が崩壊だとか、少子高齢化などで将来が不安になりますね。

僕たちは年金をもらえなくなる!? 年金ゼロを生き抜く人生戦略

続きを見る

終身雇用制度の崩壊と柔道整復師

続きを見る

 

ですが、視点を広げてみれば快適に暮らせる世界はすぐそばにあるんですよね!
自分がリタイアしたら、どんな生活をしたいか。
その生活を実現するには、何をすればいいのか。
グーグル先生に聞いてみれば、絶対に回答を教えてくれます。
あとは行動するだけですね!

 

 

一度しかない人生です。
全力で楽しく過ごしましょう!!
それでは!!



  • この記事を書いた人

秋山ミノル

柔道整復師 整体師 現役10年です。 ブラック職場に就職して地獄を味わう →転職して管理柔道整復師 →実力が伴わないため結果が振る舞わず2度目の転職 →技術を学ぶために一から勉強しなおす →海外で働き、世界各国の人を治療 →日本に帰国 海外と日本の半々で仕事 ブログは2019年5月に月6万PVと5万円の収益を達成 接骨院開業ブログ+人生を楽しくするアウトプットブログ執筆中ツイッターやっています!接骨業界のウラ話やお金 健康 恋愛 海外旅行についてつぶやいています。 登録よろしくおねがいします!!

-人生を楽しくする
-

Copyright© 接骨院開業奮闘記 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.