治療院経営 治療院開業記

接骨院で独立してコケる人コケない人の特徴を解説します

投稿日:

こんにちは!柔道整復師 整体師の秋山ミノルです。

グループ院でめちゃくちゃ結果を出していた柔道整復師が、独立したら全然うまくいっていない。
そんな状況を見かけたことはないでしょうか?

 

 

僕はあります。
結構あります。

 

なぜグループ院であんなに結果を出していた人が、独立した途端にうまくいかなくなるのでしょうか?
独立でコケる人コケない人には、どんな違いがあるのでしょうか?

 

 

この記事では、独立してコケる人コケない人の特徴を書きました。
柔道整復師として10年間働いてきた中で、失敗した人や成功した人をたくさん見てきました。
こういう人が独立しても失敗するな、という特徴が掴めたのでこれを書いていきます。

 

 

この記事を書いている僕の経歴です。

柔道整復師 整体師として現役10年以上
過去に海外のクリニックで働き、世界各国の人の治療に関わる
現在は日本と海外を行き来しながら、接骨業を行う

2019年12月、接骨院開業を目指して奮闘中

 

お時間5分ほどで読み終わります。
独立を目指しているけど失敗したくない人は、ぜひご覧ください。
それではどうぞ!




接骨院で独立してコケる人コケない人の特徴を解説します

こんな人は失敗する!独立に失敗する人の特徴

結論から話しますが、独立に失敗する人は 自分がやるべきことの見極めができていない人です。

 

仕事をするにあたり、雇われ店長と経営者ではやることがまるで違います。
サッカーと野球くらい違います。

そこを見極めず、雇われ店長で結果を出したから経営もうまくいくだろ!
などと勘違いして独立する人は、すっ転ぶ確率が非常に高いです。

 

逆に自分がどのステージにいるかを把握し、やるべきことを見極めている人。
こういった人は、失敗する確率が非常に低いです。

 

 

では、具体的にステージってなんなのでしょうか?
ステージによってやるべきこととは、どんなことなのでしょうか?

 

これを詳しく書いていきます。

 

ステージによってやるべきこと 5つのグループに分けて解説

柔道整復師のステージは、大きく5つです。

雇われ会社員
店長
マネージャー
フリーランス
経営者

 

それぞれのステージでやるべきことが大きく変わります。
一つずつ、詳しく書いていきます。

 

雇われ会社員

雇われ会社員はとにかく治療に集中です。
経営のことやマネジメントを考えず、プレイヤーとしての仕事を行います。

 

雑務などもありますが、基本的には上の言うことに従っておけばいいので非常にラクです。

ある意味、治療家が一番楽しいのがこのステージです。

 

雇われ店長

店長の仕事は、院のスタッフをまとめることです。

スタッフの技術レベルを上げる。
接客接遇などを教える。
それぞれのスタッフに役割を振る。

などがあります。

 

店長は、プレイヤーの側面も持っています。
店長のプレイヤーとしての力が強いと、それだけで院の結果も出ちゃったりします。

 

スタッフの教育をしながら、自分もプレイヤーとして動き、結果を出すのが店長の仕事ですね!

 

マネージャー

チームで成果を出すのが、マネージャーの仕事です。

 

このマネージャーの仕事なんですが、マジで難しいです。
僕は一度、思いっきりコケました。

 

経営の神様、ドラッカーはマネージャーを 組織の成果に責任を持つもの、と定義しています。

created by Rinker
¥2,200 (2019/12/27 04:31:03時点 Amazon調べ-詳細)

 

僕はタイのバンコクのクリニックで、タイ人スタッフのマネジメントを任せてもらいました。
ですが、当時はマネジメントの意味が全くわからなかったんですよね。
ドラッカーの本も読みましたが、難しすぎてサッパリでした。

 

一度失敗を経験した今だから思うのが、ビジョンを提示してそれに向かってチーム全体で結果を出すのがマネージャーの仕事なのかなと。

 

 

未来のビジョンを示す。
このミッションをクリアすれば、こんな未来が待っている!とチームを動かす。
そして、チームの力で大きな目標を達成する。

 

これが優秀なマネージャーの仕事なのかなぁと考えています。

 

マネジメントは本当に難しいです。
ですが、成功すればものすごい結果を出すことができます。
マネジメントに成功している人いわく、そこで見える景色は、個人で成し遂げるものよりはるかに大きいんだそうです。

 

大きな結果を出したい人は、ぜひ挑戦してほしいですね!

 

フリーランス

フリーランスに求められるのは、仕事を作り出す能力です。
ゼロイチの能力が求められます。

 

フリーランスの仕事は、いろいろなタイプがあります。

出張整体。
オンラインサロン。
講師をやる。
海外出張。
ブログやyoutubeで稼ぐ。
本を出す。

思いつくのはこれぐらいですが、他にも色々あります。
形は無限です!

 

安定性は皆無ですが、やればやるだけ収入が増えるのが大きなメリットです。

 

僕は経営に挑むまでは、フリーランスでした。
中国に行って、富裕層の方の治療をするという仕事です。

今も続けていますが、非常に楽しいですね!

柔道整復師×海外の可能性はハンパない 僕の事業を紹介します

こんにちは!柔道整復師 整体師の秋山ミノルです。   柔道整復師って、何かと叩かれがちな職業ですよね! 保険の不正請求 接骨院の乱立 大手の会社がフランチャイズで問題を起こして訴えられた 何 ...

続きを見る

自由に仕事がしたい!
自分で仕事を作り出したい!
という人は、ここが一番オススメです。
ですが、楽しいだけではない!ということは伝えておきます。

 

経営者

経営者に必要なのは、働いくれる人が働きやすい環境を作ることです。
すいません、僕は経営にチャレンジし始めたところなので、外しているかもしれません。

 

僕が経営者としてやらなければいけないと思うことを、以下にまとめます。

マーケティングを勉強して新規の患者さんに来てもらう
スタッフに労働の対価を払う
働きやすい環境を作る

この3つを意識してやっています。

 

 

もちろんお金や時間には限りがあるので、完璧にはできません。
加えて僕の経営者としての能力もクソなので、なおさらです。
ですが、できる限りやれることをやっていきます。

 

以上が、それぞれのステージでの役割とやるべきことです。

 

ちなみに書いた順番で、難易度も上がっていきます。
マネージャーとフリーランスは、同じくらいの難易度です。
収入も同じく、書いた順番であがっていきます。
※あくまでも僕の感覚です。

 

それぞれのステージに、それぞれの良さがあります。
適正もあります。
自分がやるべきこと、向き不向きを見極めれば、確実に失敗をする確率は減ります。
ストレスも少なくなります。

雇われ院長で結果を出す人は、ものすごい素晴らしい能力を持っています。
それなのに見極めができずに失敗してしまうのはもったいないですからね!

 

楽しく人生を過ごすためにも、自分のステージとやるべきことはしっかり把握しておきましょう!

それでは!




  • この記事を書いた人

秋山ミノル

柔道整復師 整体師 現役10年です。 ブラック職場に就職して地獄を味わう →転職して管理柔道整復師 →実力が伴わないため結果が振る舞わず2度目の転職 →技術を学ぶために一から勉強しなおす →海外で働き、世界各国の人を治療 →日本に帰国 海外と日本の半々で仕事 ブログは2019年5月に月6万PVと5万円の収益を達成 接骨院開業ブログ+人生を楽しくするアウトプットブログ執筆中 偶数日に更新しています!ツイッターやっています!接骨業界のウラ話やお金 健康 恋愛 海外旅行についてつぶやいています。 登録よろしくおねがいします!!

-治療院経営, 治療院開業記

Copyright© 接骨院開業奮闘記 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.