外傷治療 治療院開業記

柔道整復師が整形外科で働いてもあまり外傷は勉強できないという話

柔道整復師の免許を取ったけど、接骨院では外傷の患者さんがあまり来ないから整形外科で働きたい!

俺は整形外科でバリバリ外傷の処置をしたい!!

こんな思いを持っている柔道整復師さんにおススメの記事です。

 

こんにちは!!

柔道整復師 整体師の秋山ミノルです。

外傷の経験を積みたければ整形外科で働けばいい、

なんて思いますよね。

 

 

ですが、本当に整形外科で働けば外傷の経験は積めるのでしょうか?

整形外科で働けばバンバン外傷処置をしてめっちゃレベルを上げられる、なんて本当にあるのでしょうか??

 

僕は柔道整復師 、整体師として10年以上働いてきました。

当然柔道整復師として外傷の勉強をしたいので、

整形外科で働いて外傷の治療の経験を積もうと考えたこともあります。

 

ある時、1人の柔道整復師さんと出会いました。

その人は、いわゆるゴットハンドという人です。

 

整体できる、カイロプラクティックできる、

そして整形外科で医者といっしょに外傷の処置をしていた、

というスーパー柔道整復師です。

 

 

僕はその人から、いろいろな話を聞かせていただきました。

柔道整復師が整形外科で働くとどうなるのか。

整形外科で外傷の経験を積むことができるのか。

リアルな現状を書きます。

 

整形外科で働くことに興味がある人には、マジでおススメの記事です

お時間五分ほどで読み終わるので、どうぞお付き合いください。



 

柔道整復師が整形外科で働いても、外傷の経験はあまりできないという話

柔整師が整形外科で働くリアルな現状

外傷の処置の勉強だけに人生を注ぎ込めますか?

外傷を自分で勉強するには?

まとめ

柔整師が整形外科で働くリアルな現状

柔道整復師が整形外科で働いた場合、どんな仕事が待っているでしょうか?

答えは電気付けです。

整形外科に就職した柔道整復師の99%は、

リハビリ室で働くことになります。

 

そして整形外科のドクターの指示に従う、電気つけマシーンとなります。

マジです。

 

柔道整復師が整形外科で働いても、処置室に入れてもらえない

整形外科で働けば医師の補助をさせてもらえる、

リアルな医者の処置が見える!!

なんて思うじゃないですか?

 

ところがね!

実際の話、医師の処置室になんて入れてもらえないですよ!!

 

たかが専門学校で3年間勉強しただけのぺーぺーの資格持ちが、医者に信用なんてしてもらえないです。

僕たちに待ち受けている仕事は電気付けです。

ただそれだけです。

 

よっっぽど理解のある医者でしたら、

骨折や脱臼の外傷の処置を手伝わせてくれるみたいですが、まあほとんど聞いたことがないです。

 

そんな現状でも、外傷の処置を手伝わせてもらえる人は確かにいます

しかし、そこまでいくのにどれだけの時間と労力がかかると思いますか?

ハンパじゃないですよ!!



 

外傷の処置の勉強だけに人生を注ぎ込めますか?

僕の知り合いのスーパー柔道整復師さんは医師の信用を勝ち取り、処置室に入れてもらうことができました。

しかしハンパじゃない努力をしてます。

 

医師と対等に会話ができるには、柔道整復師の専門学校で学ぶこと以上のことを知っていなければいけません。

なので自腹を切って、医師が読む本を買って勉強します。

 

給料が入れば、全部医学書に注ぎ込みます。

そして、ひたすら勉強。

彼は、当時専門学校に通っていたのですが、

学校の勉強にプラスして、現場で医師と対等に仕事ができるようになるための勉強をしていました。

 

まぁ休みなんてないですよ。

勉強勉強また勉強です。

で、がんばってがんばって処置室に入れてもらうところまでいったんですね。

 

 

だが、そこでも全然役に立てない。

ジャマだ!と、怒鳴られっぱなしです。

ドクターの処置の邪魔にならないように、補助をする。

こんなこと学校では習いませんからね。

そうやって必死で努力して、人生の全てをぶちこんでやっと医師と仕事ができるようになります

 

 

外傷処置だけでは食っていけない現実

これは夢見る柔道整復師にとって誠に申し訳ないのですが、

現実問題として外傷だけで食べていくのは難しいです。

 

もちろん外傷処置は、絶対にできるようになる必要があります。

しかし、それだけで接骨院の経営ができるのか?となるとちょっと現実的ではないです。

 

 

一般の人は接骨院で骨折や脱臼を治せるって、知らないですからね!

だいたいケガしたら、医者行きます。

 

僕はこの業界に10年以上いますが、

外傷処置だけでやってる接骨院は、未だに会ったことがないです。

外傷のセミナーをやっている接骨院とかでも、他の実費治療も絶対にやっています。

 

 

将来のことを考えた場合、整形外科で働いて外傷だけを勉強するというのは、あまりオススメできないです。

時間も労力もかかりすぎます。

しかも100パーセント処置室に入れてもらえるのか、

といえばYESではないですからね!

整形外科の処置室は、柔道整復師の天才が全てをぶちこんでやっとたどり着ける聖域です。

 

 

整形外科以外にも、外傷を見れるところはたくさんあります。

ゲレンデ接骨院 柔道やレスリングの大会の救護。

そういったところで外傷を経験するほうが、現実的ではないのかなと思います。

 

 

スーパー柔道整復師さんがオススメしてくれた、外傷の勉強をするための本はこちらの記事に書いてあります。

柔道整復師が現場で外傷を治療するために読むべき本

続きを見る

外傷を勉強したい人は、ぜひどうぞ。

 

まとめ

整形外科に就職しても大抵の人は電気付けマシーンになる

処置室に入れてもらう人も稀にいるが、人生全てをぶちこむほどの努力が必要

 

柔道整復師にとって、外傷治療は非常に大事です。

ですが、整形外科以外でも勉強できる方法はいくらでもあります。

しっかり勉強して、ケガしたらあそこに行け!!

なんて地元で有名な治療院になれるようにがんばりましょう!!

それでは!!







  • この記事を書いた人

濱中タクミ

オールラウンド柔整師です! 経歴→ブラック接骨院→グループ院長→実費施術院でゼロから修行→海外で治療活動、タイ、オーストラリア、中国へ→日本で接骨院開業。 サイドfireに向けて爆進しています! 実績→開業半年で月商100万、ブログで月5万。 独立で稼ぐために必要な知識やスキル、海外の情報を発信します。 アジアで遊ぶ方法も発信!タイ語,簿記3級,FP3級

-外傷治療, 治療院開業記
-, ,

© 2024 治療家独立開業大学 Powered by HAMANAKA