治療院開業記 融資対策

接骨院の開業資金 銀行の融資ってどれくらい時間がかかるの?

投稿日:

こんにちは!柔道整復師 整体師の秋山ミノルです。

2019年11月現在、僕は接骨院開業を目指して動いています。
接骨院開業資金を準備するため、銀行から融資の審査を受けています。

 

この銀行の審査にかかる時間がめちゃくちゃ長い!
想定していたよりも、はるかに時間がかかってしまっています。

 

銀行の審査にかかる時間は、本当に長いです。
これから接骨院を開業して、銀行の融資を受けようと考えている人は、これを計算しておかないと大変なことになります。

銀行の融資の審査はどれくらいかかるかをまとめたので、これをシェアします。

 

 

融資の審査をお願いしている、僕の状況です。

融資希望金額600万円
自己資金50%以上保持
審査をお願いしているのは信用金庫と信用保証協会

お時間5分ほどで読み終わります。

金策は、接骨院開業には欠かせない仕事です。
このスケジューリングを見誤ると、大変なことになります。
開業を志望している人は、ぜひ押さえておいてください。
それではどうぞ!




接骨院の開業資金 銀行の融資ってどれくらい時間がかかるの?

審査の時間ってどれくらいかかるの? 信用保証協会の審査はメチャ長い

結論から話しますが、信用保証協会が審査にかける時間は1ヶ月以上です。

余裕で1ヶ月以上かかります。

 

 

急いで審査を進めてほしい!と言っても、彼らには通用しません。
彼らは彼らの都合で、物事を進めていきます。

 

例えば、いい空き物件を見つけたとします。
これを押さえておくためにお金を払うとする。
融資が降りれば余裕できるから、それまで凌げば大丈夫だろ!2,3週間くらいの辛抱だ!
なんて考えていると、地獄を見ますよ!

 

信用保証協会の審査はめちゃくちゃ時間がかかります。
時間とお金に余裕を持って計算しないと、大変なことになりますよ!

 

信用保証協会ってなんですか?役割とメリット

信用保証協会ってなんじゃらほい?
という人のために、信用保証協会がどういうものかを解説しておきます。

 

 

信用保証協会は、中小企業の金融を円滑にするために作られた機関です。
いわゆる、保証人をやってくれるような機関ですね!

 

信用保証協会の保証を得ることができれば、銀行の融資を得やすくなる。
県や市などの制度融資という、素晴らしく低金利の融資を使えるなどのメリットがあります。

 

 

信用保証協会を使うメリットは、充分すぎるほどあります。
ですが、とにかく審査に時間がかかります。
特に初回は、ハンパじゃないです!
ここを押さえておかないと、痛い目にあってしまいます。

 

では、実際のスケジューリングってどんな感じなのでしょうか?
僕の実際のスケジュールを書いていきます。

 

スケジューリングはどんな感じ? 実例を書きます

僕の実際のスケジュールを、ザクッと書きます。

9月27日 銀行と面接をし、事業計画書などの書類を出し終える

10月3日 銀行が書類の審査を終え、信用保証協会に提出 信用保証協会審査開始

10月11日 追加の書類を信用保証協会から要求される
その日のうちに送付

10月21日 追加の書類を信用保証協会から要求される
10月24日に送付

11月11日 書類の審査終了。面談の日程を設定。

こんな感じです。

 

 

最初に銀行に書類を出しても、次から次へと追加の書類を要求されます。
納税証明書。開業届。etcetc。
要求されたものを、最速で準備して送付します。

 

 

銀行に書類を提出してから、1ヶ月半以上かかっています。
信用保証協会の審査は、これくらい時間がかかることを覚悟しておいた方がいいです。
特に接骨院開業の初期は、資金繰りが大変ですからね!
しっかり計算しておきましょう。

 

 

事業計画書の書き方などがわからない、という人はこちらの記事をどうぞ!

接骨院の開業に向けて事業計画書を作ろう! オススメの本から実際の流れまで

銀行の融資を受ける際に事業計画書を出さなければいけないけど、どうやって作ればいいかサッパリわからないよ。 みんなどうやって作っているんだろう? 参考になる資料があれば、教えてほしい。 そんなギモンに答 ...

続きを見る

僕が実際に銀行と非常にスムーズに面談を終えることができた、事業計画書の書き方を書いています。

 

自分から動こう!

銀行の審査を受ける上で、一番しんどいのは ただ待つしかできないことです。

 

銀行員に審査はいつごろ終わるかを尋ねても、わからないの一点張りです。
彼らは絶対に回答してくれません。

 

 

僕の要求している金額は600万円と、そこまで大きい金額ではありません。
自己資金も半分以上あり、充分要件を満たしています。
追加で要求された書類は、最速で送付しています。
ですが、それでも彼らは彼らの基準で物事を進めていきます。

こちらから聞かないと、何も連絡もきません。

 

 

融資を実際に受けてみてわかったのは、とにかく銀行には自分から動かないとダメ、ということです。
待っているだけでは、いつまで経っても物事が進みません。
バンバン言って、主体性を持って動いた方が、融資はスムーズに進むなと思いました。

 

 

開業を考えている柔道整復師は、絶対に融資を受けるべきです。
自己資金が貯まるのを待っていたのでは、薄給の柔道整復師がいくらがんばってもキリがありません。
多少の自己資金を貯め終えたら、融資を受けて開業をするべきです。
そのためにも、信用保証協会などの制度は絶対に活用するべきです。

 

ですが、時間がかかるということは忘れないように!
ここの計算をミスると、大変なことになりますよ!

 

 

将来接骨院の開業で、融資を受けようと考えている人。
銀行の融資を受けたい人は、ぜひ参考にしてみてください!
それでは!




  • この記事を書いた人

秋山ミノル

柔道整復師 整体師 現役10年です。 ブラック職場に就職して地獄を味わう →転職して管理柔道整復師 →実力が伴わないため結果が振る舞わず2度目の転職 →技術を学ぶために一から勉強しなおす →海外で働き、世界各国の人を治療 →日本に帰国 海外と日本の半々で仕事 ブログは2019年5月に月6万PVと5万円の収益を達成 接骨院開業ブログ+人生を楽しくするアウトプットブログ執筆中 偶数日に更新しています!ツイッターやっています!接骨業界のウラ話やお金 健康 恋愛 海外旅行についてつぶやいています。 登録よろしくおねがいします!!

-治療院開業記, 融資対策
-, ,

Copyright© 接骨院開業奮闘記 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.