治療院開業記

昇給のない昇進って意味あるの? ※開業志望者には皆無です

投稿日:

こんにちは!柔道整復師 整体師の秋山ミノルです。

この前、友人からある相談を受けました。
柔道整復師として会社員として働いているのだが、役職につけてやると上司から言われた。
ですが、昇給はない
しかし、経験が得られるのでやろうか迷っている。
周りからも、経験が得られるのでやったほうがいいと言われている。

といった内容です。

 

僕はその質問を受けた時に、亜光速で断った方がいいと言いました。
親指が勝手に動き出して返信する、という脊髄反射レベルの速さでしたね!

確かに役職につくと、スタッフを管理したり仕事の幅が広がります。
ですが、その経験って本当に意味があるのでしょうか??
役職につくと、仕事のレベルって上がっていくのでしょうか??

 

昇給のない昇進に意味があるかどうかをまとめたので、これを書いていきます。

 

この記事を書いている僕の経歴です。

柔道整復師 整体師として現役10年以上
過去に管理柔道整復師として、治療院の立ち上げに関わる
海外のクリニックで働き、現地のスタッフを管理するマネージャー業務を行う
現在は日本と海外を行き来しながら、治療を行う

働き方については、僕自身さんざん考えました。
本当にたくさん考えたし、本なども読みまくりました。
マネージャー職なども経験した上で、書いている記事です。

意味のない役職につくと、人生の中でムダにストレスを抱えたり時間を取られることになってしまいます。
自分に必要かどうか見極め、必要でないならハッキリ断るのは超大事です!
お時間5分ほどで終わる記事なので、どうぞお付き合いください。



昇給のない昇進って意味あるの? ※開業志望者には皆無です

昇給のない昇進って受けるべき?

昇給のない昇進って、受けるべきなんでしょうか??
答えはハッキリしています。

自分の院の開業をしたい人は絶対に断るべきです。

 

例外はあります。
私はその会社でずっと働くつもりだ!この会社のテッペンとる!!
という人であれば、絶対に受けるべきです。
そして社畜として、粉骨砕身努力してください。

 

開業をしたい人は、絶対に断りましょう。
鋼のメンタルを持って、上司に辞退すると伝えましょう!

なぜ開業を目指す人は、昇給のない昇進は受けるべきではないのでしょうか?
理由は2つあります。
1つずつ説明していきます。

 

昇給のない昇進は、拘束時間とストレスを増やす

昇進をすると、責任が増えます。
責任が増え、仕事の量も増大します。

お前は役職なのでこれをやれ。
役職だからこれをやるべき!

などなど言いたい放題、言われます。

そうするとどうなるか?

 

まずストレスがめちゃんこ増大します。
そりゃそうですよね!
仕事が増えるだけで、給料は全く変わらないんですから。
意味がわからないですよね!

これは日本の会社の超悪癖なのですが、優秀なスタッフが結果を出すことで逆に仕事が増えて疲労してしまうことが本当に多いです。

おぉ!君はこんなに担当の仕事を早く終わらせたのか!ならもっと仕事を与えよう!!

なんてザラですからね。
いやいや、担当の仕事終わったんだから早く帰らせてよ。。

結果、できるやつに負担はどんどん集中し、できないやつのフォローすることになります。

こういった仕事の仕方って、世界的に見ても超異質なんだそうですよ!

ちなみに僕が会社員時代の頃は、完全にできない方の立場でした。
会社員時代の周りの方、いつもフォローありがとうございました!

 

 

また、拘束時間が鬼のように増えて自分の時間がなくなります。
開業志望者にとって、仕事が終わったあとの時間は本当に大事です。
勉強したり、治療技術の勉強をしたりと、一秒もムダにはできません。

これをとられるのは、本当に痛いですよね!
開業したい人は一秒でも早く家に帰り、開業準備の勉強をするべきです。

 

昇給の無い昇進の経験って、役に立つの??

僕はこれが一番重要だと思います。
ぶっちゃけその経験、役に立ちます??

 

僕は自分が新しい経験を増やす時、履歴書に書けるかどうかを基準に考えています。
この経験を履歴書に書いたら、良い評価をされるかな?
自分をよく見てもらえるかな?
これを第一に考えています。

なぜならその経験が、自分のブランディングになるからです。
これは転職をする上でも、有利に響きます。

 

アスレチックトレーナーの資格があれば、トレーナーとしての知識がハンパないことがわかります。
管理柔道整復師を経験していれば、院の管理ができる人のアピールになります。
ワード エクセル 簿記などの資格があれば、その能力を証明することになります。

 

面接って、自分をアピールする場でもありますよね。
その時に、
役職にはついていたけど昇給はありませんでした!!キリッ!!
なんて自己アピールしても、全然響かないですよ。

はぁ、、、作用でございますか、、。
と、言われて終了です。

 

昇給のない昇進は、その会社で役に立つ人間にはなれます。
が、開業を目指す上では何の役にも立ちません。

 

やりたい人がやるなら、全然いいんですよ!!
ですが、責任も拘束時間もストレスもめちゃ増える、ということをよく考えた方がいいです。

開業を目指す上では、断ったほうがいいと言うことはわかった。
けど、会社の上司も先輩も受けたほうがいいんだよね。。

なんて人もいそうですね。

周りがやったほうがいいというのには、理由があります。
なぜ、上司や先輩は口をそろえてやったほうがいいと言うのでしょうか??

 

周りからやった方がいいと言われるけど

なぜ上司や先輩は、意味のない昇進を受けたほうがいいと言うのでしょうか?
なぜならそう言わなければ、会社員として失格だからです。

 

上司や先輩は、会社の人間です。
会社の業務を円滑に回さなければいけません。

だから立場上、昇給のない昇進が必要かどうかを相談されれば、受けたほうがいいと言うしか無いんです。
というか、そう言わないと会社員として失格です。

 

努めを果たしている上司や先輩は、全く悪くありません。

 

さて、もしあなたが断りたいと思ったら、どんな断り方をするべきでしょうか?
上司からの打診を断るのって、なかなか勇気が必要です。
日々の仕事を円滑にするためにも、なるべく角が立たないように断りたいですよね!

スッキリと終われる昇進の断り方を、ご紹介します。

 

スッキリできる!昇進の断り方

スッキリできる昇進の断り方はこうです。
私は○年後にこの会社をやめるつもりなので、昇進はお断りいたします。
これが、一番スッキリ断れるやり方です。

 

なぜ昇進を断る時に退職を宣告しなければいけないのか?
それは昇進を断ることが、この会社でやっていく気が無い、とみなされるからです。

当たり前の話なんですが、その会社でずっとやっていくなら昇進の打診は喜んで受けるべきなんですよね!
例え昇給が無かろうとも!

 

昇進は、会社員にとって最高の幸福です。
それを断るなんて、会社員としてやる気がないと思われて仕方ありません。
よって、会社での立場は多少悪くなります。
経営者さんからは、いずれやめるんだろうな。。と、思われる立場になります。

 

 

ならば、断るついでに退職を宣告しちゃいましょう!

そっちの方が、経営者もよっぽどいいですよ!!
あなたの代わりを、準備する期間ができますからね!!

柔道整復師 整体師であれば転職は余裕です。
どこも人手不足なので、瞬時に職探しができます。

転職に関してはこちらの記事をどうぞ。

柔道整復師が成長する方法は転職が一番な話 戦略的転職のススメ

柔道整復師 整体師として働いているけれども、今の自分が伸び悩んでいるな。 今の職場で働いていて、これでいいのかな?今のままでいいのかな?という気持ちがある。 こんな悩みを持つ人にオススメの記事です。 ...

続きを見る

転職を利用して、爆速で成長しようという記事です。
転職は、最速の成長方法ですよ!!

 

僕は柔道整復師として現役10年以上ですが、働き方については本当に真剣に考えました。
かなりの本を読んでわかったのですが、接骨院関係の会社って他の業界と比べてかなりヤバイです。
昇給の無い昇進を打診する会社って、世界的に見たらメチャクチャクレイジーですからね(泣)

 

治療家さんって、基本的にみんなマジメです。
なので、自分を犠牲にして働いている人が本当に多いです。
家族や友人との時間を犠牲にして働いている人を、たくさん見てきました。

その昇進が必要かどうか、真剣に考えてみてください。
勇気を持って判断しましょう。

一度しか無い人生、楽しく生きたいものですね!
それでは!!



  • この記事を書いた人

秋山ミノル

柔道整復師 整体師 現役10年です。 ブラック職場に就職して地獄を味わう →転職して管理柔道整復師 →実力が伴わないため結果が振る舞わず2度目の転職 →技術を学ぶために一から勉強しなおす →海外で働き、世界各国の人を治療 →日本に帰国 海外と日本の半々で仕事 ブログは2019年5月に月6万PVと5万円の収益を達成 接骨院開業ブログ+人生を楽しくするアウトプットブログ執筆中 ツイッターやっています!接骨業界のウラ話やお金 健康 恋愛 海外旅行についてつぶやいています。 登録よろしくおねがいします!!

-治療院開業記
-

Copyright© 接骨院開業奮闘記 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.