治療院開業記 海外

柔道整復師が海外で治療院をオープンする現実的な方法

投稿日:

そろそろ海外出店に挑戦してみたいんだけど、何をすればいいんだろう??

柔道整復師が海外で治療院を出すのは可能なのかな??

そんなギモンを持つ柔道整復師のための記事です。

 

こんにちは!!柔道整復師 整体師の秋山ミノルです。

海外で治療院をオープン!!なんだかすごくカッコいい聞こえですよね!!

飛行機に乗って異国の地に移動し、外国人相手に治療をする!

なんとも聞こえがいいです!!

 

ですが、実際のところ柔道整復師が海外で治療院をオープンすることって可能なのでしょうか??

この記事では、柔道整復師が海外で治療院をオープンするための実現可能な方法を書きました。

この記事を読むことにより、

柔道整復師が海外で治療院をオープンするにはどうすればいいのか?

ネックになる問題は何なのか?

がわかります。

 

この記事の信頼性の担保として、僕の経歴を貼っておきます。

柔道整復師 整体師として現役10年以上

過去に海外の治療院に数年勤務し、世界各国の人の治療に関わる

現在は日本と海外を行き来しながら働いている

ワリと柔道整復師としては、レアな経験を持っています。

経験から基づいた現実的な方法です。

海外での仕事を考えている人は、ぜひ参考にしてください。

それではどうぞ!!



 

柔道整復師が海外で治療院をオープンする現実的な方法

海外で治療院を出せる柔道整復師はこんな人

柔道整復師が海外で治療院を出す上でネックになるポイント

 

海外で治療院を出せる柔道整復師はこんな人

まず結論から話しますが、柔道整復師で海外出店ができる人は資金力がある人です。

ミもフタもなくて申し訳ありません。

ですが、事実です。

 

なぜかというと、海外に出店をする場合って数々の困難が待ち受けているんですよね。

これをクリアしないと、そもそも働くことさえできない。

そのクリアしなければ問題を解決してくれるのが、お金です。

専門の業者にお金を払い、問題を解決していきます。

なので、ある程度の資金力が絶対に必要です。

 

現実的に考えると、

日本国内の接骨院の経営が、ある程度安定している経営者

もしくは接骨院グループの幹部

こういった人たちは、海外に出店を考えてもいいのかなと思います。

 

個人で海外出店は、エクストラハードモードの人生が始まりますね!!

90%くらいはやられますが、10%の方に入れると人生勝ち組になれます。

気合の入っている人はどうぞ!僕はオススメしません!!

 

柔道整復師が海外で働く方法 ※実践済み

海外で働いてみたいんだけど、どうやればいいんだろう?? 海外で働くには、どんなことをすればいいのかな?? そんなギモンに答える記事です。   こんにちは!!柔道整復師 整体師の秋山ミノルです ...

続きを見る

個人が海外で働く方法に関しては、こちらの記事をどうぞ。

出店よりもハードルは断然低いです!

 

では、柔道整復師が海外で働く時には、何がネックになるのでしょうか??

そちらを説明していきます。

 

柔道整復師が海外で治療院を出す上でネックになるポイント

これは柔道整復師というよりどんな仕事にも共通するのですが、海外で出店をする場合のネックは2つあります。

法律 ビザ(労働許可証)

です。

1つずつ解説していきます。

法律

当たり前ですが、国によって法律は全然違います。

あの国はワリと緩かったり、あの国は厳しかったり。

 

例えばベトナムだと、日本人が働いて施術するのが全然いけちゃうみたいなんですよね。

対して、オーストラリアだと思いっきり違法です。

 

ちゃんと資格を取らないとやっちゃダメ!

しかし資格を取るには英語を勉強して、永住権を取って、大学に入ってetcetc、、、を全部クリアしてね!!

いやいやいや!!それ絶対ムリでしょ!!!みたいなムリゲーになります。

 

なので、現地の法律を調べておくのは本当に大事ですよ!!

 

ちなみにここだけの話、ken yamamotoさんという治療家さんがいますが、

彼がどうやって法律の問題をクリアしているのか、結構ナゾです。

 

ビザ(労働許可証)

これがマジで大変なんですよ。

ビザを取るのはまだいいのですが、労働許可証がメチャメチャ大変。

 

現地で法人を立ち上げ、資本金を入金し、ビザを取得し、労働許可証を取得する。

という流れなのですが、まぁ素人には絶対にムリなので現地のビザ代行業者を使うことになります。

この労働許可書が本当に大変で、時間もお金もエライコッチャ!!と踊りたくなるくらいに消費します。

 

人によっては、バレなきゃいけんだろ!!と、ビザも労働許可証も無視してやっちゃう人もいます。

まぁ最初はいいんですよ。小さい会社なら注目度も低いですから。

けど、事業が成功して大きくなった時に、会社を正式な形にしようとする。

すると、じゃああなた今まで何をやっていたの??

という話になってつじつまが合わない。

非常にめんどくさいことになります。

 

ある程度、最初の時点でクリアしておくのが懸命です。

ちゃんとハードルをクリアしていないのに働くというのは、うしろめたさもありますしね。

 

この2つをクリアするのは、ちょっと簡単にはいきません。

絶対に資金力が必要です。

専門の業者にお金を払って、手続きをやってもらうことになります。

国によって金額は違いますが、資本金も最初にガツン、と結構な金額を入金します。

やはり大事なのは資金力です。

 

僕の知り合いの女性のセラピストが、個人での立ち上げをクリアしたんですが、彼女はマジで偉人です。

女性の整体師の可能性はヤバいという話

整体とか興味あるけれど、私にもできるんだろうか?? 整体ってハードな仕事だから、女の人には向いていないよね。 そんなギモンをもつ女性整体師 セラピストの方への記事です。 こんにちは!!柔道整復師 整体 ...

続きを見る

女性の整体師の可能性はヤバイという記事です。

スーパーセラピストの話が載っています。

 

柔道整復師が海外の出店をする際には、ある程度の資金力を確保して挑むのが、懸命だと思います。

 

海外出店はとてもハードルが高いです。

ですが、成功するとものすごい可能性が広がります!

例えば、カラダファクトリーさんは台湾やフィリピンなどでやっていますが、

もう二桁出店を果たしていますしね!!

僕は台湾のカラダファクトリーに行ったことあるのですが、

日本のメソッドをそのまま用いて現地スタッフが施術をしていました。

素晴らしい経営をしていましたよ!!

 

もし自信がある人や会社さんは、ぜひ海外出店に挑戦してみてください。

そして日本の治療を海外へと羽ばたかせてください!!

それでは!!






  • この記事を書いた人

秋山ミノル

柔道整復師 整体師 現役10年です。 ブラック職場に就職して地獄を味わう →転職して管理柔道整復師 →実力が伴わないため結果が振る舞わず2度目の転職 →技術を学ぶために一から勉強しなおす →海外で働き、世界各国の人を治療 →日本に帰国 海外と日本の半々で仕事 ブログは2019年5月に月6万PVと5万円の収益を達成 接骨院開業ブログ+人生を楽しくするアウトプットブログ執筆中ツイッターやっています!接骨業界のウラ話やお金 健康 恋愛 海外旅行についてつぶやいています。 登録よろしくおねがいします!!

-治療院開業記, 海外
-, ,

Copyright© 接骨院開業奮闘記 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.