治療院物件探し 治療院開業記

接骨院の開業に向けて物件探しに行きました

投稿日:

接骨院の開業に向けて物件探しに行きました。

開業を強く意識してからというもの
不動産屋などを通り掛かるたびに物件をチェックし、
空いている店舗があるたびにのぞきこむクセが出てきました。

接骨院開業の物件探しはどんなものなんか、
どんな流れで行うのかを書いていきます。




僕が目指している接骨院の経営スタイルは
固定費をできるだけ少なくし、
時給1万円を目指す。
1人治療院で受付を1人。

一日7時間オープンするので、
計算上は8万円だが、
実際のところではだいたい、
1日5万円稼げれば御の字かなと。

なので正直そんなに店舗の大きさはいらなく
立地条件もそこまで望みはしません。
いいに越したことはないですけどね!

その分値段を抑え、
広告費をかけたほうがいいのかなと考えています。

条件をまとめると
家賃は15万円以下。
広さはそこまでいらない。
駅チカが理想だが、
だめなら駐車場がある物件を探す。
これが僕の不動産の条件です。

本日見てきた物件は家賃が11万円
駅から徒歩7分の空中店舗

そこまで良い条件とは言い難いのですが、
商店街の通りなので人通りは悪くない。

また2階とはいえ窓がでかく設置されているので
看板などを設置すれば通行人から見やすい。

というメリットがあります。

デメリットは
エレベーターがないこと。
周りに競合店が多数あること。

特にエレベーターがないのが痛いですね。

接骨院でエレベーターがない二階って、
ケガ人とかどうすんだよ!!
とか言われてしまいそうです。

ただ大きな資本力を持つ人達がやるならともかく、
僕のような個人が戦う場合は、
弱者の戦略をしなければいけないんですよ。

できるだけ競合を少なくし、
勝てる戦いをする。
負ける戦いはしない。

一日10人集められるマーケティングを行い、
自分のターゲット以外は捨てる。
こうやって割り切るのも必要なのかなと思います。

先日日本メディックスさんに開業相談をやっていただいたのですが、
そのときに教えていただいたのが、
不動産を探し始める場合は、
名刺を作り不動産屋にばらまいておく。
そして候補地が入ったら連絡をもらうようにする。

こうすると不動産探しがはかどりやすい、
とのことでした。

僕はそろそろ不動産を本格的に探し始めようかなと思っていて、
名刺も作っていませんでした。

いろいろな物件を見ないで決めてしまうのはよくないと思うのですが、
この物件がどうしても気になるので、
一度見に行って話を聞いてみようと思います。

問題はライバルが多いことなんですよねーー。。
そこに切り込むべきか、
避けるべきか、、。

見に行ったらまたまとめますので、
その情報をシェアします!
それでは!!







  • この記事を書いた人

秋山ミノル

柔道整復師 整体師 現役10年です。 ブラック職場に就職して地獄を味わう →転職して管理柔道整復師 →実力が伴わないため結果が振る舞わず2度目の転職 →技術を学ぶために一から勉強しなおす →海外で働き、世界各国の人を治療 →日本に帰国 海外と日本の半々で仕事 ブログは2019年5月に月6万PVと5万円の収益を達成 接骨院開業ブログ+人生を楽しくするアウトプットブログ執筆中 ツイッターやっています!接骨業界のウラ話やお金 健康 恋愛 海外旅行についてつぶやいています。 登録よろしくおねがいします!!

-治療院物件探し, 治療院開業記

Copyright© 接骨院開業奮闘記 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.