保険請求 治療院開業記

# 接骨院はどうやって不正請求をやっている? 現役柔道整復師が話すやり方まとめ

投稿日:2019年7月28日 更新日:

こんにちは!柔道整復師 整体師の秋山ミノルです。

 

柔道整復師の業界って、どうにも評判良くないですよね。
確かに評判が良くないのもしょうがないです。

 

接骨院の保険の不正請求のニュースは、あとを絶ちません。
毎年毎年、どこかの院で不正請求が発覚し、報道されています。

 

こんなニュースが毎年報じられるようでは、柔道整復師の評判が落ちるのもムリはないですね。

 

どうすれば、保険の不正請求を減らすことができるのでしょうか??
不正請求を減らすためには、やり方を知っておく必要があります。

 

この記事では、接骨院がどうやって保険の不正請求をやっているかをまとめました。

接骨院はどうやって保険の不正請求をやっているのか?
不正請求になるケースとは?
保険の不正請求を見つけたらどうすればいいか?

 

までまとめてあります。

 

記事の信頼性の担保として、僕の経歴を貼っておきます。

実際に管理柔道整復師として、保険の請求をしていました。
保険については、かなり詳しいと思います。

 

 

保険の不正請求の実態が知りたい人。
保険の不正請求を知ったら、何をすればいいか知りたい人。

に読んでいただきたい記事です。

 

お時間5分ほどで読み終わります。
どうぞお付き合いください。




接骨院は不正請求をどうやってやっている? やり方まとめ

接骨院の不正請求のやり方

接骨院の不正請求の代表的なやり方は、次の4つです。

① 来院日数の水増し
② 保険が適応でない症状に保険を使う
③ ケガしていない部位を請求する
④ 管理柔道整復師が勤務していない日に保険治療をする

1つずつ、解説していきます。

 

① 来院日数の水増し

本来なら5日間しか来ていないのに、6日間来たことにする。
などと、 日数を増やしてしまうやり方です。

 

接骨院の患者さんは、病院などに比べると来院日数が多いです。
そのため、患者さん自身も一ヶ月に何日来たか覚えていません。
それを利用して、日数を増やして請求をしてしまいます。

 

② 保険が適応でない症状に保険を使う

接骨院では、 捻挫、肉離れ、骨折、脱臼などの外傷の症状にしか保険を使うことができません。

 

にもかかわらず、 肩こり 腰痛などの 慢性疾患で保険適応でない症状に、保険を使います。

 

これ、やってるところめっちゃ多いですね。
いわゆる保険が使えるマッサージ接骨院は、たいがいこれをやっています。

 

③ ケガをしていない部位を請求する

痛めていない部分に保険の請求をかけるやり方です。

 

例えば足首を捻挫した患者さんがきます。
本来なら保険の請求は 足関節捻挫です。

 

しかし
足関節捻挫 右下腿挫傷上部 右大腿部挫傷下部
などの3部位で請求をかけたりします。
部位の水増しですね。

 

 

悪質なところになると、 全く無関係の箇所を痛めたことにして請求をかけたりします。
いわゆる 部位転がしなんかも、これに該当しますね。
三ヶ月ごとに部位を変えていくやり方です。

 

管理柔道整復師が勤務していない日に保険治療をする

本来接骨院は、 管理柔道整復師が勤務している日しか保健治療をしてはいけません。

管理柔道整復師が休みなら、その日は保健治療はできません。

 

もし週7で診療している接骨院があれば、かなりアヤシイですね。
もしくは院長がめちゃくちゃ働き者で、休みなしで働いているかのどちらです笑。

どちらにしろ、ブラックであることは間違いないですね。

 

 

ちなみに、これが問題になることはあまりありません。
患者さんが管理柔道整復師が誰かなんて知りようがないし、確認する意味もないからです。

 

ひどいところだと、免許貸しをしているところもあるみたいです。
登録している名前はこの人だけど、実際にはこの人は働いていない。
こんなケースはマジでヤバいので、気をつけた方がいいですね!

 

では、接骨院の不正請求を見つけたら、どうすればいいのでしょうか?
やるべきことを書いていきます。

 

接骨院の不正請求を見つけたらどうすればいい?

接骨院の不正請求が見つかった場合、 やるべきことは保健所に連絡です。

 

 

接骨院の不正請求で、役所が自分から動くことはほとんどありません。
役所が自分から、 あの接骨院は不正請求をやっているのでは、、、
なんて動くなんてありえないです。

 

 

ですが、 市民から連絡があった場合は別です。
彼らは、お勤めを果たさなければいけません。

 

 

これはおそらくなのですが、巷で話題になる保険の不正請求は、 内部告発で発覚するのがほとんどです。

 

不正請求を見つけた場合は、遠慮なく役所に電話しましょう。
せっかく税金を払っているのですから、お役人さんにはしっかり働いてもらわないとですね笑!!

 

保健所が来た!! 柔道整復師が違法行為で取り締まりを受けることはある?

続きを見る

僕が管理柔道整復師をやっているときに、保健所が来た時の記事です。
開院して1週間経ってない時だったので、メチャクチャ焦りました。

役所はどういうことをするのか、興味がある人はどうぞ!!

 

不正請求はいずれ無くなる

柔道整復師業界の評判は、ひどいものです。
保険の不正請求のニュースが、毎年のように出てきます。
これじゃ業界の評判が落ちるのは、当たり前ですよね。

 

 

ですが、そういったニュースはいずれなくなっていくと思います。

保険の不正請求をやる人は、

それをやらないと食べていけない人
昔からの慣習でやっている人

のどちらかです。

 

 

規制緩和による接骨院の増加により、競争は激しくなる一方です。
そういった ダメ接骨院は、どんどん淘汰されていくと思います。

 

日本人の治療家って、すごくレベル高いです。
海外からの評価も高く、日本人に治療してほしいという人はとても多いです。

柔道整復師×海外の可能性はハンパない 僕の事業を紹介します

続きを見る

僕がやっている海外の事業の話です。
日本人の治療家の評判に乗っかりながら、海外で仕事をしています。
海外の仕事に興味がある人はどうぞ!

 

 

だからこそ、保険の不正請求などで評判を落としてしまうのは非常にもったいないですね。

 

もし不正請求を見つけたら、バンバン電話しちゃいましょう!
それが業界の地位の向上に、つながるかもしれませんよ!!
楽しく仕事をするためにも、居心地のいい環境を作っていきましょう!
それでは!!




  • この記事を書いた人

秋山ミノル

柔道整復師 整体師 現役10年です。 ブラック職場に就職して地獄を味わう →転職して管理柔道整復師 →実力が伴わないため結果が振る舞わず2度目の転職 →技術を学ぶために一から勉強しなおす →海外で働き、世界各国の人を治療 →日本に帰国 海外と日本の半々で仕事 ブログは2019年5月に月6万PVと5万円の収益を達成 接骨院開業ブログ+人生を楽しくするアウトプットブログ執筆中ツイッターやっています!接骨業界のウラ話やお金 健康 恋愛 海外旅行についてつぶやいています。 登録よろしくおねがいします!!

-保険請求, 治療院開業記

Copyright© 接骨院開業奮闘記 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.