仕事効率化 治療院開業記

接骨院でできる!ipadを高性能電子カルテにカスタマイズしよう!

投稿日:2019年11月2日 更新日:

こんにちは!柔道整復師 整体師の秋山ミノルです。

 

2019年11月現在、僕は接骨院開業を目指して奮闘しています。
仕事を効率よく行うために、いろいろ試行錯誤しています。

 

紙のカルテ、これの管理ってすごくめんどくさいですよね。
毎日出したり閉まったり、来なくなった患者さんのカルテは裏に締まったり。
ムダな時間以外の、何者でもありません。

 

ipadを電子カルテにできないかなぁといろいろ試していたのですが、これがかなり形になってきました。
ipadを超高性能の電子カルテにする方法が確立されたので、これを書いてきます。

 

この記事を書いている僕の経歴です。

柔道整復師 整体師として現役10年以上
過去に海外のクリニックで働き、世界各国の人の治療に関わる
現在は日本と海外を行き来しながら、接骨業を行う

2019年現在、接骨院開業を目指して奮闘中!

お時間5分ほどで読み終わります。

電子カルテに興味がある人。
日々のカルテの整理がめんどくさいなぁと感じている人に、ぜひ読んでみてほしい記事です。
それではどうぞ!




ipadでできる!接骨院に電子カルテを導入しよう!

電子カルテのメリット デメリット

まずは電子カルテを導入するメリット、デメリットから書いていきます。

電子カルテを導入するメリットは、次の3つです。

ペーパーレスなので院内のスペースが浮く
カルテの準備や片付けの時間が無くなる
カルテの紛失を防げる

紙って、溜まると結構な量になります。
これが結構バカにならないんですよね!

もう来なくなった大量の患者さんのカルテを裏に仕舞う人、結構多いと思います。
これを無くせるのは、とても大きなメリットです。

 

 

電子カルテはデータを一瞬で取り出せるため、前日や仕事前にカルテを準備する、といった作業はありません。
片付けの作業もないです。

時間って貴重ですからね。
ムダな時間は1秒でも削るべきです。
電子カルテを導入すると、カルテの準備や片付けなどの時間を短縮することができます。

 

また、電子カルテは紛失が起こりにくいです。
ipad、パソコン、クラウドサービスの3つで管理すれば、まずデータが無くなることはないです。
USBでも保管しておけば、より完璧ですね!

以上が、電子カルテを導入するメリットです。

 

続いて、電子カルテのデメリットを書いていきます。
電子カルテのデメリットは、大きく2つです。

導入にお金がかかる
使いにくい

電子カルテの導入には、結構な金額がかかります。
初期導入料だけでなく、月額手数料もプラスされます。
固定費は悪です!
コストが増大してしまうのは、あまり経営によろしくないですね。

 

そして何よりもデカいデメリットが、使いにくいことです。
いちいちキーボードで患者さんの情報を打ち込むなんて、どう考えても接骨院の現場では不可能です。
紙にボールペンでササっと記入したほうが、断然ラクです!
思い通りに情報を書けますしね!

 

 

しかしですね、今回僕が考えた方法はこのデメリットを完全に無くしました。
紙のような感覚で使えるし、一度導入すれば維持費もかかりません。

紙のような感覚で使えるipad電子カルテメソッド、ご紹介します。

 

ipadを電子カルテにしよう! 必要なもの3つ

ipadを電子カルテにするために必要なものは、以下の3つです。

created by Rinker
Apple(アップル)
¥38,270 (2019/12/29 08:32:47時点 Amazon調べ-詳細)

ipad

ご存知、アップル社が発売しているタブレットです。
これがないと、始まりませんね!

 

created by Rinker
Apple(アップル)
¥11,443 (2019/12/29 08:21:20時点 Amazon調べ-詳細)

applepencil

アップルペンシルです。
タブレットに、自由に書き込むことができます。
これ、正直革命的な商品だと思いますね!
アップルペンシルを使うことで、ipadがアナログとデジタルの良いところを併せ持つ、最強のマシンへと生まれ変わります。

 

 

good note

ノートアプリケーションです。
ノートのように書き込むだけでなく、数々の優秀な機能がついています。
このノートアプリが、電子カルテの役割を果たします。
これがもう!電子カルテ管理のために生まれたのでは!?というくらい最高すぎるアプリです。

 

この3つを組み合わせることにより、ipadが最強の電子カルテになります。

ipadを電子カルテにすることにより、以下のことができるようになります。

紙のようにスペースを気にせず、無限に情報が書ける
書類をスキャンできる
患者さんの写真を貼り、そのまま取り込める
アップルペンシルで紙に書いているような感覚で電子カルテを使える
超強力な検索能力により、患者さんのデータを一瞬で取り出せる

一つずつ、詳しく書いていきます。

 

スペースを気にせず無限に書ける

紙に情報を書いていく場合、限られたスペースで書いていく必要があります。
ですが、グットノートの場合はページをいくらでも増やすことができます。
このようにスライドするだけで、ページを増やせます。

 

紙の容量を気にせず、いくらでも情報を書き込めますよ!

 

書類をスキャンし、カルテに貼れる

グッドノートには、書類をスキャンする機能がついています。
これを使えば、、簡単に書類をカルテに貼ることができます。

ちょうどいい書類がないので、最近買った本をスキャンしてみます。

著者の情報のページを、スキャンしてみましょう!

 

スキャンを押す。

書類をスキャン。
スキャンする部分が青色になります。

細かい部分をドラッグして修正し、データを取り込みます。

 

グッドノートに、スキャンしたデータが取り込まれます。

PDFに出力もできます。

患者さんが持ってきた診断書なども、すぐに取り込めます。
データの管理がより簡単になりますね!

 

 

患者さんの写真を貼り、そのまま取り込める

グッドノートには、写真を自由に貼る機能がついています。
患者さんの姿勢やレントゲンなどの写真を、貼っておきましょう。

写真のマークを2回クリックすると、写真一覧が出てきます。

 

写真は、自由にサイズを選べます。
好みのサイズを貼りましょう!

 

ipadで姿勢の写真を撮る方法については、こちらの記事をどうぞ!

接骨院×ipad×apple pencilが最高すぎる話

こんにちは!柔道整復師 整体師の秋山ミノルです。 先日、IpadAirとアップルペンシルを購入しました。 治療のときの説明に使えないかなぁと思い購入したのですが、これがもう!!マジで良いです!! &n ...

続きを見る

治療のビフォアアフターをわかりやすく説明できる方法と、オススメのアプリを紹介しています。

 

初回と最後の回でビフォアアフターを写真で見てもらえば、より患者さんの治療に対する信頼度が増しますね!

 

紙に書いているような感覚で使える

電子カルテの最強の弱点が、キーボードでの入力です。
接骨院で患者さんの症状をキーボードで入力、なんて全然実用的じゃないですよね。
わずらわしくてやってられません笑。

 

ですが、アップルペンシルを使うことにより、この問題は解消されます。

 

グッドノートに書き込むことにより、紙に書いているような感覚で電子カルテを作成できますよ!

 

超強力!最強の検索能力!

グッドノートの素晴らしいところが、検索能力が最強すぎることです。
名前を登録しておけば、データが一瞬で引っ張り出せます。

秋山で検索すると、データがすぐに引っ張りだせます。

 

しかもです!
グットノートは手書きの部分も、引っ掛けて検索してくれます。
足の捻挫の患者さんの症状なども、一瞬で全て出してくれます。
データ別で症状を管理できるんですよね!

 

以上がipad、アップルペンシル、グッドノートでできることです。
では、ipad電子カルテをどうやって実践で使っていくか、紹介していきます。

 

実践! ipadを現場で使おう!

では、現場でipadを電子カルテとして使う流れを、書いていきます。
流れは、以下の通りになります。

1 問診票を患者さんに書いてもらう
2 問診票をスキャンし、ノートに貼る
3 名前と患者番号を入力
4 自由に情報を記入していく

一つずつ、写真付きで詳しく書いていきます。

 

1 問診票を患者さんに書いてもらう

最初の問診票だけは、紙に書いてもらいます。
名前や住所、症状や既往など、基本的な情報を紙に書いてもらいましょう。
基本的に紙に残す情報は、これだけです。
これから先のデータは、全て電子カルテでやり取りしていきます。

 

問診票をスキャンし、ノートに貼る

患者さんに書いていただいたデータをスキャンし、ノートに貼ります。

新規フォルダを押し、スキャン書類をクリック。

カメラが出てくるので、スキャンをしましょう。

 

問診票を全てスキャンしたら、保存をクリック。
スキャンした問診票が、全て一冊のノートに保存されます。

 

名前と患者番号を入力する

ここ、めちゃくちゃ大事です。
必ず患者さんの名前と患者番号を入力しましょう。

こんな感じですね!

 

名前と患者番号を入力しておくことにより、名前と番号どちらからでも検索することができます。
番号は漢数字で入力してください。

 

試しに秋山と検索します。

すぐに出てきますね!

 

続いて、番号一で検索します。

番号一番の患者さんが出てきます。

 

名前と番号で管理し、どちらでも検索できるようにしましょう!

問診票と診察券に、患者番号を書いておくのも忘れないようにしてください。

 

自由に情報を記入していく

あとは、あなたのいつも通りのやり方で、情報を書き込んでください。

グッドノートは写真も貼れます。
初回はどんな状態だったか、治療が終わったあとはどうなったかがわかりやすく説明できますね!

 

テンプレートというところで、ページの形を選ぶことができます。
このプラスの部分を押すと、ページの形を選ぶことができます。

あらかじめ作成しておいたカルテでもいいし、白紙のノートでもいいです。
これは自由に選んでください。

答えはないです。
自分が一番いいと思うカルテを、作りあげてください!

以上が、実戦でiPadを使う流れです。

 

ただ一つだけ、疑問があります。
電子カルテのみでデータを保管するのは、法律的にOKなのでしょうか?

これはもう、聞いちゃった方が早いですね!
厚生労働省に聞いてみましょう!

 

接骨院は電子カルテのみでOK? 厚生省に聞いてみた

厚生労働省に聞いた質問は、次の2つです。

電子カルテのみで施術録を保管することは可能か?
患者さんのデータは、どういった情報を残しておかなければいけないの?

僕が聞いた質問に対して返ってきた答えは、こうでした。

 

厚生労働省 電子カルテのみの保管は不可。紙に残す必要がある。
患者さんのデータは、厚生労働省が用意した施術録に準じたデータを保管する。

僕への返答は、こうでした。

 

ですがこれ、間違っていたみたいです。
どうも僕の聞き方が、悪かったみたいですね。

 

4F整骨院さんが直接厚生労働省に聞いてくださり、回答を得てくれました。
様式を出力できる状態であれば、OKだそうです。

こちらの記事に、詳しく書いてあります。

 

役所への質問はコツがいるみたいです。
難しいですね笑!

 

様式を出力できる状態であれば、電子カルテのみの保管でもOKだそうです。
非常に助かりました!

これで大幅なペーパーレスに成功できそうです!

 

 

iPadの電子カルテ化は、ものすごい利点があります。
デジタルとアナログの合わせ技により、カルテ整理の時間を無くして、患者さんの症状をより細かく記録することができます。

 

ぜひiPadの電子カルテ化、試してみてください!
このやり方はまだ始めようとしている段階なので、こんなのがあるよ!というのがあれば、ぜひコメントください!
それでは!




  • この記事を書いた人

秋山ミノル

柔道整復師 整体師 現役10年です。 ブラック職場に就職して地獄を味わう →転職して管理柔道整復師 →実力が伴わないため結果が振る舞わず2度目の転職 →技術を学ぶために一から勉強しなおす →海外で働き、世界各国の人を治療 →日本に帰国 海外と日本の半々で仕事 ブログは2019年5月に月6万PVと5万円の収益を達成 接骨院開業ブログ+人生を楽しくするアウトプットブログ執筆中 偶数日に更新しています!ツイッターやっています!接骨業界のウラ話やお金 健康 恋愛 海外旅行についてつぶやいています。 登録よろしくおねがいします!!

-仕事効率化, 治療院開業記

Copyright© 接骨院開業奮闘記 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.