治療院経営 治療院開業記

接骨院は治療がうまいから流行るのではない!流行っている接骨院の治療がうまいのだ!!

投稿日:2019年7月19日 更新日:

こんにちは!柔道整復師 整体師の秋山ミノルです。

 

接骨院は治療がうまいから人気が出るのではない!
流行っている接骨院の治療がうまいのだ!!

なんとも炎上しそうなタイトルですね(笑)

 

 

もちろんですが、このタイトルは僕が考えたのではありません。

 

サイゼリヤの社長さんが書いた本から、いただきました。
こちらの本です。

この言葉は額面通りに受け取ってはダメです。
ものすごい、深い意味が込められています。

 

 

サイゼリヤ、素晴らしいチェーン店ですよね!
僕は大好きでしょっちゅう行くのですが、あの値段であのクオリティの料理やお酒は他の店では考えられないですね。
個人的には、世界一のファミレスだと思っています(笑)
作家の村上龍さんなんかも、サイゼリヤのことを大絶賛していましたね!

 

 

飲食業界の厳しさは、治療院業界よりはるかに上です。
ものすごいシビアに、経営を行います。

 

サイゼリヤの社長さんの書いた本は、経営の厳しさを勉強できるメチャクチャいい本だったのでこれをシェアします。

 

 

これを書いている僕の経歴です。

接骨院がなぜ流行るのかを知りたい人、
治療家として進歩するためのマインドを知りたい人に読んでほしい記事です。

 

お時間5分ほどで読み終わります。
どうぞお付き合いください!



接骨院は治療がうまいから流行るのではない!流行っている接骨院の治療がうまいのだ!!

治療がうまいから流行るのではない?? 言葉の本当の意味は??

結論から話しますが、この言葉の意味は目の前の現実を謙虚に受け入れて、本当に患者さんが満足することは何かを見極めよう、です。

 

 

やっぱり流行っていない接骨院って必ず何か理由があるし、流行っているところには流行る理由があるんですよね。

 

もし自分の接骨院が流行っていなかったら、まずはその現実を受け止める。
自分の接骨院には、流行らない理由がある。

その現実を受け止めた上で、流行らない理由を見極める努力をする。
そしてどんどん改善していこう!ということなんですよね。

 

 

もし患者さんがあなたの接骨院を選ばずに、大手の接骨院を選ぶなら何かしらの理由があります。
非常にくやしいですけどね。
僕たちからみれば、大手の接骨院ってあまり治療が上手ってイメージはないですよね。
営業も強引です。

なんであんなとこに行くんだろ??
って思ったりします。

 

それでも大手が流行っている理由を第三者目線で分析し、自分の接骨院を選んでもらえない理由を探さなきゃいけないんです。

 

 

この作業、ぶっちゃけ超キツイです。
自分の悪いところを探すというのは、かなりしんどい。
ダメ出しとか受けると、普通にヘコミます。

僕も非常に苦手で、未だにこれがうまくはできないです。

 

 

そしてこの分析をするときに、こうやって考えてはいけないとサイゼリヤの社長さんは言います。
その考え方は、良い料理は売れる!!です。

 

良い治療は売れる!という考えは間違い

良い治療は売れる!だからマジメにやっていれば、患者さんは来る!
この考え方は大きな間違いだそうです。

 

 

なぜか?
それは、その考え方が完全に自分本意だからです。
良い治療をしているのに患者さんは来ない、と完全に責任を患者さんに転嫁しちゃっています。

 

またこの考え方をすると、その時点で進歩はなくなります。
良い治療をしているから大丈夫!来てくれないのは患者さんが悪い!!もしくは景気が悪い!!
と言い訳しちゃうんですよね。

 

 

その治療がうまいのであれば、患者さんは溢れかえっているはずです。
しかし、現実には来ていない。
なら、来ていない理由があるんですよね。

 

データで冷静に見極め、改善をしていかなければいけないんです。

 

 

厳しいですね。。
言い訳無用の厳しさを、教えてくれます。

 

 

もうすでにお腹いっぱいですが、まだ続きます。

 

サイゼリヤの社長さんは教えてくれます。
自分の料理をうまいと思ったら、そこが悲劇の始まりだと。

 

自分の治療をうまいと思ったら、そこが悲劇の始まり

なぜ自分の治療をうまいと思ってはいけないか??
それは、自分の治療をうまいと思うとそこで成長が止まるからです。
そこで満足してしまい、進歩がなくなってしまいます。

 

 

なら、どういう考え方をすればいいのでしょうか??
答えはこうです。

今出せる最高の料理を出す。
しかし、提供を終えたあとはよりよい料理を出すことを考える

この考え方、素晴らしくないですか??
すごく前向きな考え方ですよね!

 

治療もいっしょです。

治療の勉強や練習をし、今出せる最高の治療をする。
しかし、治療を終えたあとはもっと良い治療ができないかを考える。

これが治療家のあるべき姿だと思います。

いや~~!!サイゼリヤ、すばらしいですね!!

 

患者数に始まり患者数に終わる

いいレストランかそうでないか、それを見極めるのに大事なものは客増数なんだそうです。

 

お客さんがたくさん来て、店が回っている。
その店は、お客さんに選ばれているいい店なんですよね!

 

 

これも接骨院にメチャクチャ共通していまして、実際に僕も体感しています。

というのもですね、たくさん患者さんが来てくれているときのほうが患者さんの満足度って高いんですよ!

 

 

多分読んでくれているあなたも経験があると思うのですが、たくさん患者さんが来てうまく回っているときって、すごくいい空気なんですよね!
で、満足度もリピート率もすごく高いです。

 

対して、逆に患者さんが少なくてヒマだとどうでしょうか??
手厚く治療ができるから、リピート率は高くなる!なんて思いますか?
ところがどっこい、リピート率はそんなに高くなりません。
むしろ低くなるくらいです。

 

 

人気のある接骨院は、雰囲気が良いんですよね!
また来たい!と患者さんが思うような雰囲気になります。

 

やっぱり大勢の患者さんに選んでもらう、というのはすごく大事なんですよね!

 

 

サイゼリヤの本、すんごいシビアです。
言い訳無用で、経営の厳しさを教えてくれます。

自分は良い治療をやっているから、、、
なんて言い訳をさせてくれません(泣)!!

 

 

でも、自分が経営するんなら厳しくやらないとダメなんですよね。
会社員とは違い、成績が出なかったら路頭に迷うだけですから。

 

 

接骨院の経営をしている人、
これからしようと思っている人はぜひ読んでみてください。

 

メチャクチャ勉強になります。
そんじょそこらのセミナーに行くより、よっぽどためになりますよ!!
それでは!!



  • この記事を書いた人

秋山ミノル

柔道整復師 整体師 現役10年です。 ブラック職場に就職して地獄を味わう →転職して管理柔道整復師 →実力が伴わないため結果が振る舞わず2度目の転職 →技術を学ぶために一から勉強しなおす →海外で働き、世界各国の人を治療 →日本に帰国 海外と日本の半々で仕事 ブログは2019年5月に月6万PVと5万円の収益を達成 接骨院開業ブログ+人生を楽しくするアウトプットブログ執筆中ツイッターやっています!接骨業界のウラ話やお金 健康 恋愛 海外旅行についてつぶやいています。 登録よろしくおねがいします!!

-治療院経営, 治療院開業記
-, , ,

Copyright© 接骨院開業奮闘記 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.