治療院経営 治療院開業記

治療院の経営は1人治療院の方が楽 今の時代のベストな戦略

投稿日:

接骨院や整体院を経営しているが、
毎月の固定費などで経営が苦しい人。
スタッフを教育しているが、
中々思う通りに仕事をしてくれない。
そんな人におすすめの記事です。
接骨院や整体院経営は、
人を雇うと苦しくなります。

僕は日本と海外でそれぞれ接骨院経営に関わってきました。
色々なタイプの経営方法を見させてもらい、
とても勉強になりました。
たくさんの経営者にも出会い、
お話しさせてもらいました。
その経験の中、
接骨院を経営する上で、
どうやったら成功するか、
逆にどうやったら失敗するかを分析しました。
成功の条件は日本も海外も共通です。

成功の条件と今我々がとるべき接骨院の最強の経営戦略なども書いています。
かなり有益な記事だと思うので、
5分ほどおつきあいください。



治療院経営に成功してる人は日本でも海外でもこういう人たち

院長とスタッフはモチベーションが全く違う

人を育てるためにお金を払えますか?

一人治療院の方が絶対楽ですか優秀なスタッフが雇えるなら考えてもいい

今の時代の接骨院経営のベストな戦略

治療院経営に成功してる人はこういう人たち

固定費を限界まで節約する人。
けれども投資を惜しまない人。
これが成功の条件です。

治療院を経営、
難しいですよね。。
僕は日本と海外でそれぞれ治療院経営にかかりました。
日本での経営はトントン。
海外の経営はまあ難しかったですね。。
その自分の経験の中で、
または経営者の人たちとお話ししたり、
観察させてもらってるうちに得た答えが冒頭のそれでした。

固定費は悪。
限界ギリギリまで絞らなければいけない。

僕たち治療かってどうしてもドンブリ勘定になりがちなんですよ。
月1万円ぐらいかいいか!
なんてね。
けれどもちりも積もれば山となる、
何ていう名言がありますように、
1万円も積もれば一年で12万円です。
その1万円の固定費が三つあったとしたら、
一年で36万円です。
この時代30万円あれば何ができるでしょうか?
海外旅行でドカッと贅沢できちゃいますよね!?
はたまた高級温泉旅館に行くなんてこともできちゃいます。

こういった固定費に鈍感な人は、
ぶっちゃけ経営には向いていない。
典型的なうまくいかない人ですね!

ただ節約するだけで経営はうまくいきません。
固定費はしっかり節約し、
されども投資をしっかりする。
人材育成に投資をする、
もしくは 自分の院の設備投資をする。
例えば優れた治療機器を買うなどですね!!

こういったところがしっかり出来てる人は、
経営者としてとても強いですね。
マジで潰れないです。

投資をすることにより、
院のレベルアップさせる。
どんどん売上を上げていく。
あげた売上の中で、
浮いたお金を投資に回す。
まさに Amazon みたいな感じですね!

こういったスパイラルに入れればめちゃくちゃ強いです。
地域の中では無双状態になります。

当たり前ですよね。
患者さんはたくさん来ている。
売り上げはちゃんと設備投資や人材育成をすることにより、
患者さんに還元する。
経営の理想です!

で考えたんですよ。
今の時代、
経営をする上で課題に登る事のひとつは何でしょうか?
採用ですよね。
これが本当に難しい。
大手の飲食店もアルバイト不足で困ってるし、
治療院業界も深刻な人手不足。
治療院転職専門の会社が賑わったりしていますしね!

だったら採用しなければいいんじゃないか?
自分一人で治療院をやれば、
そういう課題解決されるんじゃないかと。

そう決めたら僕の視界はパーっっと明るくなりました。
課題が一気に消えたんですよ!
スタッフを雇うということは本当に大変ですからね!!
スタッフを雇うというのは、
マジでストレスでして、
これを僕の経験をもとに何件かあげていきます。

院長とスタッフはモチベーションが全く違う

自分が院長として仕事をするのと、
スタッフが働くのではモチベーションが全く違います。
自分は必死で働いていて、
治療技術なども一生懸命を教えるけれども、
スタッフは何となくうわのそら。
技術も身につかない。
そんなことありませんか?

これはもう当たり前なんですよ。
経営者といちスタッフがモチベーションが一緒なんていうのはありえない。
そこを要求しちゃいけないんですよ!
逆に疲れますね。。
よっぽどそのスタッフと信頼関係が築き上げられていれば別ですが、
なかなか厳しいです。

人を育てるためにお金を払えますか?

スタッフは当然経営者があなたと違い、
スキルや知識なども未熟です。
ゼロから教えなきゃいけない人もいるでしょう。
ですが教えるのにも関わらず、
給料を払わなければいけません。

これが結構なストレスでして、、
自分が必死こいて教えているのに、
相手はモチベーションが低くあまり身につかない、
しかし給料は払わなければいけない。
教えるためにお金を払う。

しかし相手のモチベーションは、
自分ほど高くない。
なかなか精神的にきついですよ!
そういったことに自信がある人ならいいと思いますが、
僕はちょっとゴメンですね。

一人治療院の方が絶対楽ですか優秀なスタッフが雇えるなら考えてもいい

以上の理由から治療院経営に関しては、
1人治療院の方が絶対に楽なのですが、
万が一優秀なスタッフが雇えるのであればそれは絶対に雇ったほうがいいです。
この人は絶対に雇った方がいいと、
肌で感じるような人がいたら無理してでも雇っちゃいましょう。
こういった採用っていうのはめぐりあいなんですよ。

なかなか雇いたいと思う人を見つけるのは難しいです。
不動産選びや結婚相手選びと同じような感じですね。

僕の経験なのですが、
日本での経営に関わっていた時代、
社長が経営者としてすごく優秀でした。

財布の紐はきっちり閉めるんですけれども、
お金を使うべきところにはドカンと使う。

ある日治療家としてとても優秀な人が、
面接にきました。
年齢は少しいっていたのですが、
技術も知識もめちゃくちゃすごい。
経験も豊富です。

社長はその人を即採用しました。
おまけに給料もちょっと高めに設定。
優秀な人に対してしっかりと対価を払い、
逃がさないようにしていました。

やっぱりそういう人は、
売上をしっかりと立ててくれるんですよ!
技術も知識もあるので、
下のスタッフに色々教えてくれたりもしていました。
給料以上の働きをしてくれるんですよね。

人ってすごく大事なので、
もしそういう人がいたら無理してでも迷わず雇った方がいいと思います。
無理してでも!!

今の時代の接骨院経営のベストな戦略

今の時代の接骨院経営のベストな戦略は
一人治療院+一人受付(若くて可愛い子)
高単価+時短
固定費を最大限に少なくし、できることはなるべく自分でやる。

以上となります。
お金を払うべきところはしっかり払う、
自分でやるべきところはやる。
この塩梅がうまくいかないと、
経営がうまくいかないことになるので、
しっかり見定めなければいけませんね。

例えば税金のこととかなんかは、
絶対にプロにやってもらうべきなので、
そこにはしっかりお金を払う。
しかし経理なんかは自分でできるので、
自分で勉強してやる、
などです。

僕は経費対策として、
ホームページを自分で作る、
経理を自分でやる(簿記3級を取得)
などをやります。
簿記に関してはこちらに合格方法の記事も入れているので、
よかったらどうぞ。
簿記3級独学一ヶ月で100点とった方法 ※かかったお金は2808円です
簿記3級を独学一ヶ月で取得した方法が書かれています。

税金に関してはお金を払って行ってもらおうかなと。
内装なんかも自分では無理なので、
しっかりプロに見積もりを取ってもらおうかなと思います。

まあこれは僕の考えで、
最適な戦略は人によって全然違うと思いますので、
それぞれ後悔しないようにやりましょう。
そして治療院経営を成功させましょう!!

下に治療院経営のおすすめの本も貼っておきます。
参考にどうぞ。

業界では大御所ですね!
治療院経営に関するセミナーなども開いている人です。
本は無難にわかりやすく、
基礎的な情報が網羅されています。
治療院経営に関わる人は、
一回は読んでおいたほうがいいと思いますね。


治療院のコンサルタントさんが書いた本。
この記事でいいたいことが網羅されています。
言うことが結構過激なのでアンチも多いかもですが、
僕は的を得ていると思いますね!
キンドル・アンリミテッドなら無料で読めます!!








  • この記事を書いた人

秋山ミノル

柔道整復師 整体師 現役10年です。 ブラック職場に就職して地獄を味わう →転職して管理柔道整復師 →実力が伴わないため結果が振る舞わず2度目の転職 →技術を学ぶために一から勉強しなおす →海外で働き、世界各国の人を治療 →日本に帰国 海外と日本の半々で仕事 ブログは2019年5月に月6万PVと5万円の収益を達成 接骨院開業ブログ+人生を楽しくするアウトプットブログ執筆中ツイッターやっています!接骨業界のウラ話やお金 健康 恋愛 海外旅行についてつぶやいています。 登録よろしくおねがいします!!

-治療院経営, 治療院開業記

Copyright© 接骨院開業奮闘記 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.