柔道整復師会 治療院開業記

メディックス計算センターの評判はどうなの?後編

投稿日:

メディックス計算センターはご存知でしょうか?
いわゆる柔道整復師会なのですが,
そこでは定期的に、
接骨院を開業したい人に向けて、
無料相談セミナーをやっています。

この無料相談セミナーをやってもらったので、
内容をシェアします。
非常に有益な内容でしたよ!
内容が膨大だったので前編と後編に分けました。
まずは前編から読んでみてください。
前編はこちらです。
メディックス計算センターの評判はどうなの?

時間にして5分ほどの記事ですが、
開業に必要な情報が網羅されていて、
接骨院開業志望の人には有益だと思います!



保険の診療報酬が入金される時期はどれぐらい?

経営でめちゃくちゃ大事なのは○○

接骨院開業の時に絶対作らなければいけないものは?

開業の資金はどうやって用意すればいい?

開業資金準備の裏技

開業前に事前にやっておかなければならない準備とは

保険の診療報酬が入金される時期はどれぐらい?

保険の診療報酬が全て入ってくるのは、
大体半年ぐらいです。
自分が治療をし、
レセプトを送付。
その後保険組合が審査をして、
入金されるのが大体半年ぐらいになります。

正確な内訳を言うと、
2ヶ月後に約3%が入金。
3ヶ月後に60%、
4ヶ月後に23%、
5ヶ月後に9%、
6ヶ月後に3パーセント、
という形で入金がされます。
大体の目安ですよ!

我々の業界では定説ですが、
運転資金に関してはかなり余裕を持っていた方がいいですね。
5ヶ月から6ヶ月分くらい持っておくと、
かなり安心ではないでしょうか?
入金は早く支払いは遅く。
商売の鉄則です!

コンサルタントさんが言うには、
銀行は民間の組織なんかより、
断然国の方がエグい。
お金が返せないと差し押さえなどを平気でやってくる。
国とのやり取りには気をつけましょう。

僕たちは日本国民ですから、
これはしょうがないといえばしょうがないですね。。

経営でめちゃくちゃ大事なのは○○

経営をするにおいてめちゃくちゃ大事になってくるのが税金。
これは商売をする上では切っても切り離せないものですよね!
経費をしっかり対策する、
節税!!
これが大事になってきます。
日本累進課税なので、
最大税率は50%になっちゃうんですよね。
稼いだ額の半分を持ってかれるって言うのは、
もう考えられないんですけども、
これが現実なんですよね。。

売上額から経費を引いたお金から、
税率が計算されます。
なのでしっかり経費対策をしなければいけません。

大体皆さん接骨院を開業する時は、
個人事業手として行うと思いますが、
法人にするにはだいたいどれぐらいを目安にすればいいでしょうか?

これはだいたい売上が年商1000万だと、
法人にした方が得だと言われています。
年収じゃないですよ!
年商売上です!
年商が1000万円を超えた場合は、
法人にして経費対策をすると、
1割は節税できます。

でかいですよね。。
1割ですよ!!
1000万円だったら100万円ですよ!
そりゃ必死こいて節税しますよね!

まあ年商一千万円ぐらいは稼ぎましょうということですね!

税金に関してはこちらの本がわかりやすいです。
知識に自信がない人は読んでおくといいと思います。

フリーランスや個人事業主向けに書かれた本です。
税金ってこういうもんなんだなーということが、
一発でわかります。

接骨院開業の時に絶対作らなければいけないものは?

接骨院開業の時に絶対に作らなければいけないもの。
それはホームページです。
当たり前ですよね。。
少なくともこのブログ読んでいる人なら、
当然作ると思いますし、
ホームページの必要性も分かりきっていると思います。

個人的にはホームページを作る場合は、
スマホ用のサイトに焦点を当てた方がいいのかなと。
僕はホームページだけで集客をするというのには、
懐疑的な立場なのでして、
安定して集客をするなら、
オンラインとオフラインの混合が一番いいのかなと思っています。

その時に絶対に必要なのがスマホサイトなんですよ。
今時パソコンでホームページを見る人なんてほとんどいないですよ。
だいたいスマホでチェックしますしね!
皆さんもホームページを作る場合は、
スマホの方に焦点を置いた方がいいと思いますよ!

開業の資金はどうやって用意すればいい?

開業の資金の準備は大きく分けて3つあります。
ひとつは自分で用意する。
ふたつ目は家族や友人から借りる。
みっつ目は融資を受ける。
これに関しては人によって様々ですが、
みっつを全部合わせるのが、
一番早く開業資金を準備できるのではないのかなと思います。

融資を受ける上で大事なのが、
いくら欲しいかというのを決めておくこと。
後は向こうが自分を審査する上で、
チェックしてくるポイントをちゃんと押さえておくということ。

どういうことかというと、
まず融資を受ける場合は、
いくら欲しいか金額を決めておく必要がありますよね。
その欲しい金額に対して、
なぜその金額が必要なのかということを、
銀行などに説明できる必要があります。
内装にいくら、
機械を買うのにいくら、
ベットを買うのにいくら、
などですね。
審査のチェックポイントとは、
向こうがどういったところを見てくるかというのを、
知っておく必要があります。

銀行がチェックしてくるポイントは三つ。
その職業での経験年数、
自己資金があるかないか、
立地条件が良いか、
この3つです。

自己資金に関しては、
100万円が最低ライン。
なので接骨院開業をしたい人は、
定期預金をしておきましょう。
月に1万円ぐらいでいいですから。
それだけでも銀行の印象が全然違うみたいですよ!
銀行はそういう人が大好きです!

接骨院の開業の融資に関してはこちらにも記事がありますので、
よかったらどうぞ。
接骨院開業の融資の大事なポイントとは! 用意しておくべきことをまとめました。
接骨院開業のための融資のポイントが書かれています。
将来融資を受けたい人は必読です!

開業資金準備の裏技

開業資金の融資を受ける時に、
できるだけ多めに借りておきたい。
運転資金を多くほしい。
そんな人におすすめの技があります。

それは内装をしてもらうときや、
ホームページの業者と打ち合わせをする時に、
見積もりを2種類出してもらう。
ひとつが実際の見積もり。
もう一つはちょっとお高めの見積もり。
で融資を受ける時は、
お高めの見積もりを出し、
多めの金額をもらう。
そうすると実際の見積もりと、
融資を受ける時の見積もりに差が出ます。
その差を運転資金として使うことができる。

裏技ですね。
実際にやってみる価値はあると思いますよ!
運転資金は余分に持っておけばいいですし、
借金は出来る時にした方が得なんですよね。
後からもう1回と言っても、
もうできませんからね!
結構我々の業界って借金ビビる人が多く、
できるだけ少ない金額に抑えようとする人が多いのですが、
まぁそういう人は成功しないですね。
行くときは行く!
それが成功の秘訣じゃないかと思います。

開業前に事前にやっておかなければならない準備とは

接骨院の開業にあたり、
準備をしっかりしておく必要があります。
まずはチラシですね。
これは一か月前のチラシ、
一週間前のチラシ、
と段階を分けて用意しておく必要があります。

そして時間がかかるもののもう一つが、
インターネットの電話回線。
これはマジで時間かかるみたいなので、
本当に早めに言っておいた方がいいみたいですね。
みんなそう言います。

後は内装外装、
電気機器やベットの準備ですね。

予定を決めておかないと間に合わないので、
早め早めの準備が吉。
さっさと用意しちゃいましょう!!

以上がメディックス計算センターの無料相談内容でした。
アドバイスの内容の密度がめちゃくちゃ濃く、
とても無料とは思えない内容でしたよ!
接骨院開業をしたい人は、
ぜひ一度話をしてみるといいと思います。
それでは!!







  • この記事を書いた人

秋山ミノル

柔道整復師 整体師 現役10年です。 ブラック職場に就職して地獄を味わう →転職して管理柔道整復師 →実力が伴わないため結果が振る舞わず2度目の転職 →技術を学ぶために一から勉強しなおす →海外で働き、世界各国の人を治療 →日本に帰国 海外と日本の半々で仕事 ブログは2019年5月に月6万PVと5万円の収益を達成 接骨院開業ブログ+人生を楽しくするアウトプットブログ執筆中 ツイッターやっています!接骨業界のウラ話やお金 健康 恋愛 海外旅行についてつぶやいています。 登録よろしくおねがいします!!

-柔道整復師会, 治療院開業記

Copyright© 接骨院開業奮闘記 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.